c0356188_02255881.jpg
最近、これの亜種シマエナガが大人気らしい。ネットで取り上げてるブログやサイトをたくさん見かけるし、写真集まで出ている。北海道に棲むシマエナガ。残念ながら俺は未だ見たことがない(北海道に行かない限り見ることはないだろう)。

それに隠れて本種エナガは肩身が狭い。なんでだろう…と改めて考えるまでもない、シマエナガは頭が真っ白で可愛い目がポツンと付いてて、「雪の妖精」と異名をとるほどの可愛らしさ。それに対してエナガは太い眉状の模様があって、これが熱血スポ根マンガの主人公みたいに見える。
c0356188_02255739.jpg

この眉状の模様が損してる原因か…と思ったりもするのだが、これは生物種としてのエナガが進化の途上で獲得した形態だから、この眉毛にも何らかの意味があるはずだ。シマエナガが真っ白なのは、長く厳しい冬がある雪深い北海道で暮らすのに、あの色が都合がいいんだろう。

+++++

いろんな鳥を観ると「好きな鳥、嫌いな鳥」というのが出てくる。エナガは好きな鳥の一つ。それほど珍しいわけでもないし、どちらかといえば地味な鳥だが、この可愛らしさと身近な存在なのが安心感みたいなものをくれるんだと思う。渡りの珍しい鳥は撮影できれば確かに嬉しいけど、その場限りで終わってしまう。ライフリストの数を増やすことに血道を挙げるなら良いかもしれないが、俺の場合それだけではこんなヤクザな趣味は続けられない。

c0356188_02255720.jpg
葦に停まっていたエナガ。俺の方をチラチラ見つつ「チリリリ、ジュリリリ」と鳴いていたと思ったら、いきなりパァっと飛び立った。慌ててシャッターを押したら見事被写体ブレになってしまった(笑)。北風に乗ってエナガの群は葦原の中に消えて行った。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村










[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-03 03:02 | エナガ

葦原のモフモフ

スズメ目エナガ科エナガ属 エナガ A. caudatus
c0356188_11521644.jpg
D750+AF-S Nikkor500/4G+TC14III, f8, 1/1000sec, ADL強め

エナガは先日も取り上げたばかりだが、もう一回(笑)。
とにかくこいつの可愛さは殺人的で、特に冬は羽が立ってモフモフしてくるので、可愛さに一層の拍車がかかる。

c0356188_11521667.jpg
昨年、某探鳥地で一緒になった女性と「一番可愛い鳥は何か」って話になって、俺はエナガを挙げた。一方女性はメジロが一番可愛いと言い、どっちが可愛いかで論争(?)になりかけた。メジロは顔をよく見てみると目が釣り上がっている。エナガはオカメ顔だから文句のつけようもない…というのが俺の判定だが、結局は好みの問題だから、決着はつかなかった(笑)。

c0356188_11521603.jpg
今年はあんまり出会う機会のなかったエナガだけど、最近やっとボツボツ見かけるようになってきた。
観光客に白鳥見せるために葦原を刈ったのが原因だと思う。新潟県はもう少し自然を大切にしろ。鳥は白鳥だけじゃない。


↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村












[PR]
by a7m3-sam | 2016-02-19 12:19 | エナガ

いた!飛んだ!

c0356188_12245916.jpg
何故か今年は見かけることの少なかった、エナガに漸く出会った。
正確に言うと遠目に見ることはあっても、撮影できる距離まで近づくことが出来なかったのだが、
ついに、というか、やっとというか、某S潟でついに接近するチャンスに恵まれた。

c0356188_12245819.jpg
上の枝に飛び上がる瞬間を、偶然にもパチリ。

毎度毎度、エナガの素早しっこさには泣かされるが、それも野鳥撮影の醍醐味だ。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村












[PR]
by a7m3-sam | 2016-02-13 16:29 | エナガ