カテゴリ:ルリビタキ( 2 )

青い鳥・真打現る

c0356188_20090974.jpg
ルリビタキは何度か見たことがあったが、若鳥やメスばかりで、鮮やかな青が出た成熟したオスを初めて見た。これは前橋市内の某公園で出会った親切な地元の野鳥カメラマンに教えてもらったのだが、こうして親切な人がいる一方で、何とも言いようがないこともあった。これは愚痴になってしまうので書くのは止めておくが、他所から来た新参者には厳しい事情があるということを、改めて体感することになった。

鮮やかな青のルリビを見るのは念願だったけど、何か達成感イマイチ…贅沢言うなって?
でも、今日の撮影で腹が決まった。俺のマイフィールドはあそことあそこだ。ちょっと遠いけど(笑)。

c0356188_20091057.jpg
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村











[PR]
by a7m3-sam | 2017-01-14 20:32 | ルリビタキ

ルリビタキ狂想曲

c0356188_12302313.jpg
Nikon D750+AF-S Nikkor 500/4G ED VR, f5.6, 1/2000sec, ISO200, +1,5EV, ゴーヨン手持ち

「オジロがいないぞ!」 「どうしたんだ!」
撮影地に着くなり、周囲はてんやわんやの大騒ぎ(嘘)。当てにしてたオジロワシの姿が見当たらない。まだ大陸へ帰るには早いはずだが、今年は暖冬だ。

「とりあえず、スタンバってよう」
ということになり、カメラ一式セッティングして、主役の登場を待った。だが30分経っても一時間経っても現れない。
「もしかして、本当に帰ったんじゃ…?」一同、オジロワシ帰還疑惑の念に駆られる。♪チャンラ~ン♪

俺:「他所へ移動するなら今のうち。この時間ならまだ間に合う」
だが俺は下の出身だから上のことは知らない。移動先は上を普段のテリトリーとする仲間に丸投げである(笑)。

「○○岬のハヤブサか、先日見つけたヤマセミのポイントだな…」
確実性ならハヤブサだが、新しいポイントのヤマセミも面白そうだ。
俺はどっちでも良かったのだが、慎重かつ厳密かつ適当な検討の結果、ヤマセミを狙いに行くことになった。場所は人里離れた山の中。だが確実にそこに現れるという保証はない。そんなことは野鳥追いかけてると普通にあることだから構わないのだが、今回はけっこうな遠征なのでボウズで帰るのは正直辛い。実際のところ、野鳥の撮影に出かけて3回に1回は確実に空振りする。慎重かつ厳密かつ適当にやってるんだけどなぁ…なんでだろう(笑)。

c0356188_12302232.jpg
山道をクネクネっと走って、ポイントに到着。案の定、ヤマセミの姿は見当たらない。スタンバっているとカワガラス、エナガ、ヤマガラなどが時折飛来するが、肝心のヤマセミは一向に現れない。その時、「キョッキョッキョッ」という声がコダマする。「来た!」と誰もが一瞬思ったはずだが、声はすれども姿は見えず…まぁ、こんなもんだ。。。と思っていたら、

「ルリビタキだ!」

一同、声のした方に殺到する。もはや姿の見えないヤマセミのことは何処へやら(笑)。

c0356188_12302283.jpg
よく見ると、ルリビの若鳥だった。おそらく昨年生まれた個体だろう。尾っぽが少し青いだけで、羽は地味なベージュだ。ルリビタキは最初から鮮やかな青を纏っているわけではなくて、生まれてから数年かけて少しずつ青く染まっていく。残念ながら、俺はまだその鮮やかな青を撮影したことがない。

ヤマセミは結局来なかったが、思わぬ拾い物をした気分だ(笑)。
それにしても。。。ゴーヨン手持ち撮影は疲れた。。。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村












[PR]
by a7m3-sam | 2016-02-16 13:20 | ルリビタキ