カテゴリ:ヨシゴイ( 2 )

c0356188_01272122.jpg
D500+AF-Sニッコール 500/4 ED VR 撮影データ…内緒(笑)。新潟県某所にて。

写真はヨシゴイがタイリクバラタナゴを捕まえたところ。
ヨシゴイは真夏の鳥枯れの季節にやってくる貴重なネタで、この新潟県某所の生息地は毎年必ず行くのだが、とにかく暑い。。。で、サーっと行って撮影してサーっと引き上げてくるのだが、聞くところによると、ヨシゴイがこんなに近くに寄って撮れるのは日本全国見渡してもここだけなんだという。

c0356188_01272150.jpg
ヨシゴイは本来、薄明薄暮性(はくめいはくぼせい、朝夕の薄明るい時間帯に活動する)と言われているが、ここのヨシゴイは真夏の真昼間のピーカンの時間帯に平気でウロウロしている。おそらくその時間帯には人間が生息地周辺をウロウロしているため、外敵に狙われないからだと思うが、それにしても暑くないのかね。。。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村












[PR]
by a7m3-sam | 2016-09-15 01:49 | ヨシゴイ

跨ぐ

※画像クリックで別窓で大きく見れます
c0356188_04175601.jpg
何ともアクロバティックな…と一瞬思ってしまった。葦の茎2本を両足でそれぞれ掴んで体を固定してる。

ヨシゴイ。
本ブログでも一番不人気な部類に入る、サギの仲間の最小種である(笑)。
この固体は羽毛の柄からして、たぶん若鳥だと思う。ネットでは「幼鳥」と紹介されているようだが、単独で行動して餌も捕り、立派に空も飛ぶから「若鳥」と表現したほうが個人的には正解だと思う。ちなみに完全な成鳥になるとこの柄は消えて、グレーというかブラウンというか、何とも表現しがたいような洒落た色になる。

この日は県内の某ラムサール条約湿地帯を2ヶ所周ったのだが、似たようなサギ類を数種類見かけた。ヨシゴイの成体だと思ってたのが実は別の種類だったり、コサギの群だと思ってたのが中に別の種類が混じってたり、(どちらかといえば)不人気なサギ類も、突っ込んで見るとけっこう面白いな、と思ったりした(笑)。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村








More
[PR]
by a7m3-sam | 2015-08-06 05:15 | ヨシゴイ