Dimension Green

カテゴリ:大韓民国( 3 )

2015年日韓合意を一方的に破棄!大韓民国は詐欺国家だった!


あ~あ、ついにやっちゃったね、大韓民国様(笑)。
国同士の約束を一方的に破棄して、また日本に強請りタカリする気かね。不可逆的に解決したはずなのにねぇ…。

そもそも従軍慰安婦の話そのものが、虚実入り混じってて何処までホントかもわからんのに。こうなると大韓民国に棲んでる人間一人一人すら信頼できなくなってくるね。
だって、現在の文在寅政権を選んだのも韓国国民だしね。

約束も守れない、人間として最低のこともできない…それどころか息をするように嘘をつき、強請りタカリも平気でやるチンピラ、大韓民国国民。いや、朝鮮民族。

たしかに、日本に一番近い隣国だし気を遣うのも理解できなくもないけど。ここはいま中国がやってるみたいに、ガツっと経済制裁でもやった方が良いと思う。日本では韓国相手に商売している人も少なくないと思うけど、それは運が悪かったと思って諦めてもらって、韓国から日本の企業、人、カネを全部引き上げて、経済的に締め上げるのが良いだろう。一時的に日本経済にも影響が出るかもしれないが、それほど大きな影響はないはずだ。日本の投資を望んでいる発展途上国は世界中にたくさんある。そういう国に、今まで韓国に投資していた分を回せばいいのだ。

一番手っ取り早く投資できるとすれば日本の大親友・台湾。一方東南アジアに目を向ければ、ベトナム、フィリピン、ミャンマーなどが良いと思うが、一番ベストなのはベトナムだろう。ベトナムは中国と同じ共産主義国家だが、ベトナム国民は勤勉で粘り強く、逆境にも強く、そして何より信頼できる。さらにベトナムは世界一の反朝鮮・反中国国家で、日本と利害関係も一致する。国民の年齢構成も若く活気に溢れ、日本に来てもらえれば貴重な労働力にもなる。少子高齢化に悩む日本とは正にベストパートナーになれるだろう。投資をする一方で官民問わず積極的に交流することで、ほんの2~3年で韓国を相手にするより大きな利益が得られ、ベトナムも発展するし、Win-Winの関係を築けるだろう。そして、朝鮮半島と朝鮮民族は、完全に日本にとって無用の長物となるだろう。

もう朝鮮半島と朝鮮民族に見切りをつけるときが訪れたのだ。
安倍政権は早くその事実を認め、大韓民国と国交断絶して、在日朝鮮人を日本海に追い落とすべきだ。






[PR]
by a7m3-sam | 2017-12-28 19:26 | 大韓民国

2018.2.25 平昌オリンピックまであと2カ月。果たして無事開催できるか…

さて、2017年も押し迫ってきて、あと2週間。この時期が来ると「一年って早いなぁ」と毎年のように思うのだが、時間の流れは絶対だ。誰にも止めることはできない。このまま話を進めると決まって「歳を取ったなぁ」という話に繋がるのが普通だが(笑)、今日は少し違った話をしよう。

北朝鮮の核ミサイルの話が毎日のようにニュースになっている。某半島国家は北も南も話題豊富なことに変わりないが、北のミサイル騒動の陰に隠れてイマイチ話題にならないのが平昌オリンピック。オリンピックだから世界的な行事でそれなりに話題になっても良いはずなのだが、あんまり目立たない。元々多数の問題点が指摘されていて、開催そのものが危ぶまれていたほどのオリンピックだが、開催まであと2カ月余りと迫った。だが某半島国家(南)は、国際スポーツ大会の主催で数々のトラブルを引き起こした前科がある。数え上げれば限がないのだが、一番近々で行われた某半島国家主催の国際スポーツ大会といえば、2014年仁川アジア大会だ。

さて、、、この仁川アジア大会でどんなトラブルがあったのか。覚えている人もいるかもしれない。この数々のトラブルを指摘されるアジア大会を主催した国が、今度は冬季五輪をやるというのだから、どうなるか…仁川アジア大会のトラブルをまとめる。某まとめサイトのコピペです(笑)

1.19日の開幕当日、開会式の内容や演出が国内外のメディアで物議を醸した。
「盛大な体育行事が韓流コンサートとなった。厳しく批判すれば史上最悪の開会式だ」(台湾の聯合報)
「聖火は美しく設計されたが、俳優の点火は前例を破る」(日本の時事通信)

2.バドミントン会場停電で試合中断。不可解な空調操作
「バドミントンの試合中に韓国側が有利な様に空調が操作された」と各国の選手が口をそろえて発言。これに対し韓国は、停電による電気代節約という訳の分からない言い訳...

3.22日、アーチェリー会場で、試合と同時進行で、大型電光掲示板とメディア席の拡張工事が行われた。
試合が予定されているアーチェリー会場の大型電光掲示板は左側の観客席からしか見えないため、協会は右側の観客席からも見える大型電光掲示板を臨時に設置することにした。プレス席に差し込む直射日光を遮るための幕も支給されず、協会が独自に設置することになった。

4.20日、ソウルの野球場で練習したタイ代表チームが、照明点灯を断られる差別的待遇を受けた。
去る20日には、タイ野球代表チームが、暗闇の中で練習して差別論争が起こった。午後5時30分から木洞(モクトン)運動場で練習を開始したタイ代表チームは、暗くなっても照明塔が点灯しなかったため、照明を点灯してくれと要請した。ところが「週末は担当者が退勤していて点灯できる人がいない」という無責任な返事がかえってきた。

5.21日、フェンシング男子サーブル個人で銅メダルを獲得した中国の孫偉(スン・ウェイ)が試合後に選手村へ戻ろうとしたところ、バスがないと告げられ、タクシーで自腹を切る羽目になった。

21日夜、仁川アジア大会のフェンシングの試合が行われた高陽体育館前。男子サーブル個人で銅メダルを獲得したスン・ウェイ(22・中国)は選手村に戻るシャトルバスを待っていた。だがバスは到着予定時刻(午後10時5分)を過ぎたのに来なかった。スン・ウェイの表情はますます疲労の色が濃くなった。この日、予選から決勝まで計8試合を行ったからである。ついにバスはあらわれなかった。

6.21日、中国人記者に対する暴言事件が起きた。
事件は21日、文鶴朴泰桓競技場で発生した。この日の試合には朴泰桓(韓国)と孫楊(中国)、萩野康介(日本)が出場した。自然と多くの東アジア人の視線がここに集まった。韓日中のメディアの取材競争もすごかった。そして、中国取材陣がメディア席に着席しようとすると、組織委のある幹部が彼らをメディア席に座ることを阻止した。
多くの中国メディアは現地で4Gモデムをメディアセンターで事前に購入して開会式に備えたが、開会式ではこれらのネットワークはすべて遮断され、組織委員会の準備したネットワークしか使えないことが判明。開会式の画像や原稿をリアルタイムで国内に送ることができず、中国人記者たちは「何をしに仁川まで来たのか分からない」と怒りをあらわにしていた。

7.選手に提供された弁当からサルモネラ菌が検出され、ボランティアスタッフにも期限切れ弁当が配られた。
仁川アジア大会で21日に行われた射撃とフェンシングの選手らに提供される予定だった昼食の弁当からサルモネラ菌などが検出され、弁当76個が廃棄されていたことが分かった。22日に韓国メディアが伝えた。

8. 仁川アジア競技大会、通訳ボランティアがすでに100人あまり離脱】
・「処遇・業務環境が当初の約束とあまりに異なっていた」
・夜遅く終了した競技への追加交通費の支給遅れ
・全体509人中20%が離脱・・・通訳業務は超非常事態
・セレモニー、連絡部署など各チームの核心人材も空白

9.食料やキッチン用品が盗まれる
大会組織委によれば、騒ぎが起きたのは23日正午ごろ。 選手村内のカフェテリアに不審者が侵入しているのを選手が発見して警察に通報した。 食料やキッチン用品を盗みだそうとしたとみられ、そのまま逃走した。

10. 韓国が音楽で他国の馬術演技を妨害か
中国メディア・騰訊体育は24日、韓国で開催中の仁川アジア大会で同日までに行われた馬場馬術の試合で、韓国側が試合中にかける音楽で何度も他国の選手と馬の演技を妨害していた可能性があると報じた。
馬場馬術では音楽に合わせて演技を行うが、中国人審判によると、馬は“肝っ玉”が小さく、試合中の音楽の大きさ、また、突然音楽をかけるといった行為があっても演技に影響が出てしまう。この種目では日本、韓国、台湾が強く、音楽による妨害は日本選手に対してよく行われていたという。

11. イスラム教徒女性「ヒジャブ」の着用を試合直前で禁止。カタール試合放棄へ
韓国の仁川で開催されているアジア大会のバスケットボール女子で24日、 イスラム教徒の女性が髪などを覆う「ヒジャブ」の着用を禁じられたため、カタール代表が試合を放棄した。モンゴルとの試合直前に大会関係者から禁止を伝えられたという。
大会の公式情報ページで、アマル・モハメド選手は「大会前は着用可能と聞いていた。禁止の理由が分からない。大会側が決定を変えるまで試合には出ない」と述べた。試合は規定により20-0でモンゴルの勝利となった。大会組織委員会の広報担当者は「組織委としては着用をOKしたはず。問題を調査している」と話した。

12. 雨漏りが発生し雨水を拭いながら試合を続行
夕立ちで競技場のあちこちで雨漏りが発生し危険な状態。26日午後、京畿、仁川地域のいたるところで降り出した夕立ち性の豪雨で仁川アジア大会競技場が、屋内・屋外を問わず雨漏りが発生して、きまりの悪い場面を演出した。
セパタクロー男子団体準決勝が開かれた26日、富川体育館は厳然とした室内競技場なのに、急に天井から水がぽたぽたとコートに落ち、韓国とインドネシアの準決勝戦が中断された。天井構造物にバケツを置いて雨水を受けて、運営委員らがタオルでコートの雨水をぬぐいながら競技を進めている。

13. 大韓柔道会長、アジア大会競技場で乱暴…「私が王だ!」
大韓柔道会会長が仁川アジア大会競技場で大会関係者に悪口をするなど乱暴を振るった事実が明らかになって物議をかもしている。仁川アジア大会組織委員会などによると、21日午後7時15分ごろ、柔道競技が開かれる仁川市中区桃源洞の体育館VIP及び選手専用出入り口で出入りする安全要員と試合関係者間でいざこざが起きた。
会長は、警察官にまで「ここでは私が王だ。私が言えば入ることができる。犬◯◯◯め」と言い、悪口を浴びせて乱暴を振るったという。

14. アイスホッケーで韓国選手が馬乗りでボッコボコにされるアクシデント発生
2014年9月25日、網易体育によると、23日に行われたアジアリーグアイスホッケーのチャイナドラゴン(中国)対ハイワン(韓国)の試合で、悪質な反則を受けたチャイナドラゴンの選手がハイワンの選手に“タイマン”を挑むという騒動が起きた。
試合中、ハイワンの選手に故意に突き飛ばされたチャイナドラゴンの張選手は立ち上がると相手選手を追走。小競り合いから相手の首をつかんでリンクに投げ落とし、馬乗りになって十数発のパンチを浴びせた。張選手の動きは素早く、相手選手に反撃させる隙も与えなかった。その後、しばらく様子を見ていた審判が止めに入って騒動は終息した。

15. テニスの試合中に騒ぐ、動く、着信音が鳴る!注意すると逆ギレ!
9月26日、個人シングルス16戦が開かれたテニスコートのセンターコートには何人かの学校の生徒たちが団体観覧のために競技場を訪れた。ほとんどの生徒たちは選手たちのプレーに歓呼して拍手を送って楽しく観覧したが、一部は隣に座った学生とうるさく喋っていた。彼らが発する騒音で競技場は非常に騒がしくなり、選手たちは頻繁に試合を中断しなければならなかった。さらに、あちこちで携帯電話の着メロまで鳴り始めた。
観客たちはもちろん大会関係者さえも、選手たちがラリーを行っている間、席に座らず常に移動を繰り返し、選手たちの試合を妨害した。
16. サッカー日韓戦に伊藤博文を暗殺した安重根の肖像画
サッカー男子準々決勝の日韓戦が行われた会場で、韓国サポーターが初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した独立運動家、安重根の肖像画が掲げられた。両国のサポーター間に混乱はなかったが、政治的な活動を禁じる国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反する可能性がある。

17. 30日に行われたボクシング男子・バンタム級準々決勝の試合で、優勢とみられたモンゴル選手は韓国選手に0-3の判定で敗れた。同選手はその場でリング上に座り込み、判定に対して抗議した。モンゴルチームの監督は、「多くの選手にとって金メダル獲得のチャンスはたったの一度しかないが、彼らのチャンスは残酷にも奪われてしまった」と語り、残りの試合のボイコットも示唆した。
Asashoryu 第68代横綱朝青龍@Asashoryu
アジアゲーム仁川!ボクシング3ラウンドモンゴル勝っているのに韓国選手に手上がり‼️キムチやろう‼️

18. 男子クリケット コイントスにより勝敗決められる
2014年9月29日、新華社通信によると、仁川アジア大会の男子クリケットで、コイントスにより勝敗が決められた。

29日に予定していたクウェート対モルディブの試合は雨の影響で実施することができず、最終的に審判がコインを投げその表裏を予想する形で勝敗がつけられた。なぜ順延や試合の期日を変更しなかったのかについて、組織委員会から説明はない。

19. 男子セパタクローで明らかな誤審!韓国の不正は終わらない!
韓国で開催されているインチョンアジア大会2014、男子セパタクローでも開催国の不正は止まりませんでした。明らかに韓国コート内に入ったボールを、審判がまさかのアウト判定。スロー再生をするまでもなく、見間違いようのない場面ですが、ここでも開催国の洗礼が続きました。しかし、タイ代表は最終的にセットカウント2-0で韓国を下し、金メダルを獲得しました。

20. 仁川アジア大会サッカーで「韓国寄りの審判」にタイ人激怒
今度はタイ対韓国のサッカー試合で審判が不公平な判定を行いペナルティを与えたというもの。そのペナルティによりペナルティキックを得た韓国チームは有利に進み、結果0対2で勝利となった。

21. 福原愛、「史上最も奇妙な」卓球台に遭遇
報道によると、29日に行われた準決勝の日本対シンガポール戦の初戦、日本の福原愛の前に登場したのは、斜めに傾き、ネットの高さも均一ではない「史上最も奇妙な」卓球台だった。福原はいつものルーティーンで台をなでると、すぐに台の傾きを発見。ボールを置くと、一方に向かって転がった。
福原とシンガポールの選手は、ほかの試合がすでに開始しているなか、ジャージを着て、スタッフが台を調整するのを待たなければならなかった。福原愛も大事な試合でこのような奇妙な台に遭遇したのはきっと初めてだろう。

22. ボクシングでまた疑惑の判定!勝利した韓国選手に会場からブーイング
2014年10月4日、広州日報によると、仁川アジア大会のボクシング男子バンタム級の決勝で、中国の張家●(ジャン・ジアーウェイ。●=王へんに「偉」のつくり)が韓国選手に判定の末、0-3で敗れた。中国側は判定に不満を漏らしている。

23. ボクシング女子 不正ジャッジにインドのサリタ・デビ選手が銅メダル受け取りを拒否
第17回アジア競技大会の女子ボクシングのライト級で3位に入ったインドのサリタ・デビ選手が審判の判定基準に異議を唱え、銅メダルの受け取りを拒否しました。デビ選手はメダルの受け取りを拒むと準決勝の対戦で疑惑の判定の末に敗れた韓国のパク・チンア選手の首にメダルをかけました。

24. 今度はレスリングで不公平な判定の是非…海外非難殺到「汚いゲーム、これが韓国」
仁川アジア競技大会が、連日の不公平な判定の是非で疲弊しています。今回はレスリングです。 議論は先月30日、仁川桃源体育館で開かれた大会のグレコローマン71㎏級の準決勝の韓国チョン・ジヒョン選手とイランのアプドゥバリ選手との試合で起きました。
1ピリオドでチョン・ジヒョンの選手は、最初に4点を取りました。しかしアプドゥバリ選手は、チョン・ジヒョン選手の首筋を制圧した後、連続的に6点を得て逆転しました。続いてアプドゥバリ選手は、チョン・ジヒョン選手の両肩をマットに抑えて、テクニカルフォールの勝利が宣言されました。
しかしビデオ判定の結果、アプドゥバリ選手の攻撃は首絞め技とみなされて、得点が取り消されました。峠を越えたチョン・ジヒョン選手は、2ピリオドで4点を獲得して、8対6で逆転しました。イランが判定に抗議し、チャレンジを要求しましたが、受け入れられずにチョン・ジヒョン選手が追加の1点を獲得しました。
最終的にチョン・ジヒョン選手はアプドゥバリ選手の攻撃を最後まで防ぎ、決勝に上がりました。

[PR]
by a7m3-sam | 2017-12-18 21:10 | 大韓民国

呑気だなぁ、エキサ○トブログ…

好きな韓流・華流
https://www.exblog.jp/campaign/skyperfectv/784

■日食堂運営韓人夫婦脱税で罰金100万ドル
[LA中央日報]
日本食レストランを経営していた韓人夫婦が脱税容疑で摘発されて、およそ100万ドルに達する罰金刑が言い渡された。
連邦司法省は、ミシガン州オーチャードレイク「スシ・サムライ」日本食店オーナーの韓人チャン某(46)さん夫婦に、98万479ドルの罰金刑が下されたと明らかにした。彼らは15日の公判で、追加罰金と実刑を宣告される可能性がある。
検察によると、「スシ・サムライ」という店を経営してきたこの夫婦は、ゼファー(zapper)と呼ばれるコンピュータプログラムを利用して、顧客の支払い記録を削除する手法で売り上げを偽った。2012~2016年の4年間では250万ドルの売上報告を怠った。
今年の4月に起訴された彼らは、10月の人定尋問で64件の重罪容疑について有罪を認めた。
ビル・シュエット司法長官は、「顧客が支払った売上税を横領した疑いで、彼らに強い処罰が下された」とし、「私益のために税法に違反する行為が、厳しい結果としてかえってくることを示す事例になるだろう」と強調した。
イウス記者
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=5836234

+++++
韓流ドラマとかK-POPがどれだけ人気あるのか知らないけどさ。
こういうニュースを見るにつけ、韓国人の日本に対する認識ってのを疑ってしまうんだよなぁ。。。

ハッキリ言うけど、朝鮮半島の国家…大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国、そこに属する国民は日本に対する敵だ。
慰安婦問題と言うウソを世界中で吹聴して、2015年に日本と韓国で結んだ慰安婦問題の合意を一方的に破棄し、新たに強制徴用工問題をでっちあげ、どう見てもヤクザのユスリタカリにしか見えないんだけどねぇ。トランプ大統領の訪韓晩さん会に「元慰安婦」を自称するヘンなババァを同席、トランプ大統領にハグさせたり、大韓民国という国家丸ごとで日本を貶めようとしているのに、エキブロでこんなことやってんの?暢気すぎというか、バカじゃねぇの?



[PR]
by a7m3-sam | 2017-12-03 23:15 | 大韓民国