カテゴリ:ムナグロ( 1 )

通りすがりの腹黒い奴

チドリ目チドリ科ムナグロ属 ムナグロ Pluvialis fulva
c0356188_00393042.jpg
所用で出かけた帰り道。広域農道を車でひた走っていたら、田植えが終えたばかりの田んぼに、何やら蠢く鳥らしき影を発見した。減速して脇道に入り、双眼鏡で観察してみたら…ムナグロだ。↑の写真の個体はオスで、顔面から下腹まで見事に黒い。ムナグロよりハラグロと言いたくなるところだが、ハラグロにすると印象が悪くなるし、何より鳥に対して失礼だ(笑)。

c0356188_00393151.jpg
↑の写真はメス。オスみたいな真っ黒ではなくて、ブチ模様になっている。

繁殖はシベリアやアラスカでやるというから、この日俺が見たムナグロたちは、北に向かっての渡りの最中なんだろう。寒い時期は東南アジアやオーストラリア、インド、アフリカ東部で越冬するというから、日本は通り道でしかないということになる。

c0356188_00393062.jpg
野鳥に夏羽と冬羽があるのは珍しくないが、ムナグロのオスが真っ黒になるのも夏羽(繁殖期)なんだそうだ。鳥の世界ではオスがメスより派手に着飾る傾向があるが、これもその一環のように思うのだが、何で真っ黒なんだろう…(笑)。ネットで調べてみたが、この鳥のこの色について言及した記述は見つからなかった。そこまで詳しく研究もされてないんだと思うが、気になるなぁ…。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村











[PR]
by a7m3-sam | 2016-05-19 01:21 | ムナグロ