カテゴリ:ニホンアナグマ( 1 )

蠢くモノ

c0356188_15102985.jpg
ニホンアナグマ。食肉目イタチ科アナグマ属、Meles anakuma

c0356188_15102875.jpg
新潟県糸魚川市某所。
緩やかな棚田の続く県道を走っていたら、モゾモゾと動く「何か」が視界に入ってきた。
「なんだ?」車を一旦止め、ギアをバックに入れて目撃地点まで引き返すと、やはり棚田の隅に動く物がいる。こんな山奥だから獣類はいても不思議じゃない。さっきまでいた探鳥地でも「クマ注意」の立札があちこちにあった。それにしても、鳥に比べれば獣の類は種類も個体数も少ないはずで、鳥に比べれば遭遇する可能性はずっと低い。さらに獣類は夜行性なのが普通だから、こんな真昼間からほっつき歩いているのも珍しい。

日本の山にいる動物(哺乳類)といえば、ネズミ類、野ウサギ、ホンドリス、ヤマネ、モモンガ、ムササビなどの齧歯類、モグラ類、コウモリ類。後はニホンザル、キツネ、タヌキ、イタチ、テン、アナグマ、イノシシ、ニホンジカ、ニホンカモシカ、ツキノワグマ。外来種としてはタイワンリス、ハクビシン、アライグマ、ヌートリアなどがいる。北海道や沖縄などではこれらとは違う種類の動物が生息しているが、日本本土では概ねこんなものである。このうち頻繁に人間の目に入る獣は衛生害獣としてのネズミを除くと、夜半に人家近くまで餌取りに来るコウモリ類、都市公園にも棲むタヌキ、農業被害が大きな問題とされるニホンジカ、ニホンザル。外来種は元々が持ち込んだのが人間だから生息環境も人間に近い所にいて、アライグマなんかかなり問題になってるし、タイワンリスは東京や鎌倉の大きな神社や公園の森にいる。ヌートリアは京都鴨川で観光客が餌を与えるほどである。

c0356188_15102800.jpg
とまぁ、実際は人間に身近な獣類ってのもけっこういたりするのだが、アナグマがこんな昼時にねぇ…まぁ、ほとんど人のいない山奥ではあるんだけど…

どうせだからバッチリ撮ってやろうと思って、一眼レフに望遠レンズを付けて少し追いかけることにした。こっちの存在には気付いてないはずだ。あっちの山の斜面のほうに消えて行ったが、田んぼの畦道を歩いて行ってみると…いたいた。一瞬目が合って、俺の存在を認識したようだった。しかし性格が呑気なのか、人間に虐められたことがないのか、奴はノンビリと毛づくろいして寛いでいる。ある程度の距離はある(数十メートル)し、逃げ切る自信があるんだろう。まだ奴の結界の外というわけだ。

何枚かシャッターを切って、俺は別にそれ以上のことをするつもりはないので、ここで退却。

それにしても、野鳥ブログでリスやモモンガをアップしている人は稀に見かけるが、アナグマをアップしている人は見たことないなぁ…あんまり可愛いもんでもないしねねぇ(笑)。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村












[PR]
by a7m3-sam | 2016-05-31 16:17 | ニホンアナグマ