カテゴリ:ミヤマホオジロ( 2 )

ネタくれ~。。。

c0356188_00292918.jpg
ミヤマホオジロ
D500+タムロンSP150-600G2

撮影失敗するのは野鳥撮影では有りがちなことだし構わないんだが…ブログの更新が滞るのが何より痛い。一応毎月10回の更新を目標にしているんだけど、達成できている月は疎らで、低空飛行がここ一年続いてる。野鳥ネタを扱いながら低空飛行とは何とも皮肉やのぉ。。。

c0356188_00293045.jpg

これではまるでネタの切れた漫画家だ。。。

c0356188_00293040.jpg

こうなったら開き直るしかないな。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村








[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-02 01:11 | ミヤマホオジロ

何処まで許されるのか

c0356188_00295668.jpg
スズメ目ホオジロ科ホオジロ属 ミヤマホオジロ Emberiza elegans

+++++
「野鳥を撮るには野鳥の気持ちを知らなければ…」
一緒に撮影ポイントにいた男の講釈が始まった。どうやら俺を何にも知らない超初心者だと思ってるらしいが、何も言わずに聞き続けた。
「鳥のことを理解してなければ写真になんか撮れないぞ」…確かにそうだが、彼の論理は「鳥は腹を空かしてるから、餌を撒けば出てくる。それを撮影すればいい」と、言うことなんだが…

c0356188_00295796.jpg
野鳥撮影のポイントとして、都市公園は重要だ。渡りの中継地として、野鳥が渡りの疲れを癒す場所として。都会の野鳥カメラマンには貴重な撮影地でもある。そしてそこでは野鳥に対する餌付けが公然(の秘密)と行われていて、餌が貰えるもんだから、鳥たちもそこに定着する。野鳥にもカメラマンにもいいことじゃないか。メデタシメデタシ。

これを良しとするか、自然に対する冒涜とするか。俺には何とも判断が付かない。もし否定してしまっては、先日のルリビタキも今日のミヤマホオジロも成り立たなくなってしまう。これも以前聞いたことなのだが、本来野鳥って野生生物だから、栄養不足で痩せてて普通らしい。それが妙に肉付きの良い個体がいたとしたら、十中八九人間から餌を貰っているはずだ、と。

俺自身餌を撒いてなくても、一緒になって撮影してたら「同じ穴のムジナ」である。

+++++
c0356188_00295694.jpg
だが今後の方向性として、なるべくそういう経緯のある個体の野鳥には選ばない。カワセミの撮影地で止まり木を立てるとか、所謂「演出」というのは何処に行っても大なり小なりやっていることだと思うが、それをどこまで許容するかってのは、カメラマン個人の心の問題なんだと思う。止まり木くらいなら撮影地オリジナルの景観を損なわなければ良いと思う。だが餌となると事情は少し違ってくる。

まず、この時使われた餌は、ペットショップで小動物・小鳥用の餌として使われているヒマワリの種と、たぶんアワやヒエなどの雑穀だと思う。雑穀はともかく、森の中にヒマワリの種なんて存在しないのが普通だろう。さらにそのヒマワリの種は人間が農作物として栽培したものだから、栽培の時点で化学肥料や農薬が少なからず使われているはずだ。人間なら農作物は貴重な食糧だから食べるのは当然だが、野鳥が食べる自然界の餌には化学肥料や農薬なんか含まれていない。自然という観点からすれば、農薬も化学肥料も簡単に言っちゃえば汚染物質だ。しかも人間には影響のないレベルの汚染物質でも、人間よりずっと体の小さい小鳥たちにとって人間が撒く餌に含まれる汚染物質は、どんな影響を与えるんだろう。

良かれと思ってやってることが、結果としてまったく逆の効果をもたらした…というのは歴史上探してみると、いくらでもあるエピソードだ。

ここで結論を書けないのが苦しいところだが(苦笑)。究極的に考えると何にもできることがなくなってしまう。いろんな事情で法律上では野生動物にエサをやるのは御法度のはずだが、趣味としての野鳥へのエサやりは事実上黙認されている。「自然界全体から見れば、人間が趣味でやることの影響なんか、たかが知れている」というのが理由らしい。一方、別の事情で観光地では水鳥への給餌は公然と行われている。白鳥なんかその代表的な例だが、白鳥を商売ネタにしている人というのは少なくないから、自然への干渉だとか難しい理屈を捏ね回すと別の問題が出てくるだろう。そして人間が餌をやることで白鳥が現在の個体数を維持しているのも事実だ。

人間の活動は、大なり小なり自然の営みとは矛盾するものだ。そこで「自然に優しい」とか何とかイミフな言葉を振りかざして、人間の活動と自然界とで折り合いを着けて行くのが現実的な選択になるのだが、その落し所が難しい。正直、ベストな答えなんて永遠に見つからないと思う。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

※しばらくの間、多忙につきコメント欄を閉じることにします。








[PR]
by a7m3-sam | 2017-01-16 02:22 | ミヤマホオジロ