カテゴリ:ヤマガラ( 1 )

雪降る中の当たり前

c0356188_23374655.jpg

スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属 ヤマガラ Parus varius

ご存知…というか、山に撮影に行くと大抵出てくるのがこれ。ヤマガラに限らず、シジュウカラ、コガラなどカラ類は山の小鳥の常連で、肝心要の本命が一向に見つからない中「当たり前」のように登場する。こっちは「待ち人来たらず」状態でやきもきする中、仕方ないなぁ…という気持ちで彼らにレンズを向ける(笑)。野鳥を見慣れてくるにつれて当然目線は渡り鳥や珍しい鳥に向く。その方が満足感が高いし、他への自慢にもなる。一方でこうした身近に当たり前にいる鳥たちは見向きもされなくなっていく。

これは本当の「灯台下暗し」だ。遠くばかり見て自分の足元が見えていない。写真屋なら遠くの珍種の写真を血眼になって撮りまくって、気が付いたら身近な鳥の写真が一枚もなかった…ということになる。実際にこのブログでもヤマガラは初登場だ。

+++

ヤマガラは実は日本人には非情に縁深い鳥で、なんと平安時代から飼育されていた記録が残っている。今は見られなくなったが、20年くらい前まで日本中で散見された「神社でおみくじを引く小鳥」は実はヤマガラだ。小鳥としては学習能力が高く芸を覚えるので、江戸時代にはヤマガラの曲芸が盛んに披露されていたのだという。学習能力の高い鳥というとカラスやインコが有名だが、まさかこんなところに思わぬ伏兵がいたとは…と思いながらネットで文献を読み耽った。

ヒタキ類のような可愛らしさはイマイチ。原色系の小鳥たちみたいな派手さもない。珍種としての注目もない。敢えて言うならマヌケ面した売れないコメディアン…といったところだ。しかしビートたけしやタモリを見ても分かるように、優れたコメディアンほど実はインテリだったりするのだ。さしずめヤマガラは野鳥のたけしやタモリかもしれない(笑)。

※本日からコメント欄を開けます。入れてくれる人がいるかは微妙ですが(笑)。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村











[PR]
by a7m3-sam | 2017-01-28 00:17 | ヤマガラ