c0356188_01041640.jpg
スズメ目シジュウカラ科コガラ属 コガラ Poecile montanus

レンジャク来ないかな~と思ってヤドリギのある森へ何度も出かけているんだけど、まったく気配がない。今年は外れ?

で、結局この日いたのはジョウビタキと、カラの混群と、ゴジュウカラ。渡りの冬鳥たちはすっかり姿を消し、代わりに夏鳥たちがもうすぐやってくるはず…なのだが、それはもう少し先の話。少し退屈な季節の狭間というわけだ。シジュウカラを代表とするカラの仲間はだいたい留鳥だから、季節に関わらずいつでも見ることができるはずだが、身近な分あまり人気はないようだ。

シジュウカラは街中、緑地、都市公園、里山まで何処にでもいて、人間に一番身近なカラ類。次いでよく見るのがヤマガラで里山にいる。もうちょっと山深い所にいるのがヒガラと、今日の主役であるコガラ。北海道にいるのがハシブトガラ。カラの仲間で珍しい(と思われる)のがキバラガラといわれるお腹の黄色いカラで、本来は中国大陸の固有種のはずが、日本で数例の目撃例がある。もちろん俺は写真でしか見たことがない。これはガビチョウやソウシチョウとは違って人間が持ち込んだ外来種ではなく、ごくわずかな個体が日本へ渡ってきているようだ。温かい地方の鳥だというから地球温暖化と何か関係があるんだろうか。シジュウカラと同じような名前の鳥にゴジュウカラがいるが、これはシジュウカラ科ではなくて『ゴジュウカラ科』で科のレベルから違う。近い仲間と言われるエナガもゴジュウカラと同様。

コガラは昨年戸隠でもろ近距離(2メートル)まで平気で近づいてきてこっちがビックリしたのだが、普段から人間の近くにいるシジュウカラを除いて、ヤマガラとかコガラみたいな山にいる鳥は人間に対する警戒心が薄いのかもしれない。この写真も3メートルほどの至近距離で撮れたもので、ノートリミングだ。

それにしてもなぁ。。。レンジャク何処にいるんだろう。。。カラちゃんも良いんだけど、、ねぇ(笑)。







[PR]
by a7m3-sam | 2017-04-04 01:49 | コガラ

c0356188_01473677.jpg
Nikon D500+SP150-600 5-6.3 VC G2 (600mm) f6.3, 1/320sec. ISO400

当ブログでは「今さら」とでも言いたくなるようなベニマシコ。
実際本当にこの冬は「ベニマシコに始まり、ベニマシコに終わった」という気がする。
c0356188_01473445.jpg
ここのベニマシコは冬の間にすっかり人馴れしてしまったのか、3メートルまで近づいても平気な顔をしている。それともこの冬最後の撮影チャンスってことで、大サービスしてくれたのか。
c0356188_01473495.jpg
それにしても近い。。。こんなに大きく撮れるとは。
c0356188_01473579.jpg
寒さ厳しい冬の新潟では、あまり見かける機会のないベニマシコ。しかし冬でも比較的温かい関東ではあちこちで見かける機会がある。やっぱり温かい方が…と思っていたのだが、実はこの写真は軽井沢で撮ったものだ。軽井沢は標高が高いから、冬は普通に氷点下10℃とかになる。いったいどうなっとんねん。
c0356188_01473561.jpg
昨年末に見た時よりも、紅の濁りがなくなって、より色の純度が高く、濃くなっている。繁殖期には燃えるような鮮やかに紅色になるという。もし日本国内で繁殖期のベニマシコを見ようとしたら、青森以北に行かなければならない。一度でいいから見てみたい…という願望はあるが、そのためだけに北の果てまで出かけるか?

特別珍しい鳥でもないし、むしろ冬の小鳥としては身近な鳥とも言える。近縁種には派手さでもレア度でも人気でも上回るオオマシコがいるが、そんないつ見れるとも知れない幻みたいな鳥を追いかけるよりも、身近な鳥に癒されるのもいいだろう。ベニマシコを見ると、いつもそう思ってしまう。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村










[PR]
by a7m3-sam | 2017-03-10 02:32 | ベニマシコ

焼け野原の変な奴

c0356188_23235942.jpg
キツツキ目キツツキ科アリスイ属 アリスイ Jynx torquilla

「○●に、アリスイがいますよ」通りすがりに話をしたバーダーさんが教えてくれた。
アリスイ。図鑑では見たことあったけど…あの爬虫類みたいな鳥?

予定していたスポットを一回りして、まだ日没までは余裕があったからアリスイがいるという場所へ行ってみた。現地は貴重な山野草の自生地で、毎年焼き畑が行われる…いた。羽毛の質感、首をクネクネと動かすしぐさ。ホントに爬虫類だ。

c0356188_23235974.jpg
要するに「不気味」なのだ。今風の言葉でいえば「キショイ」とかいうのかもしれないが、とにかく佇まいが独特だ。これがキツツキの仲間とは…エサは名前の通りアリが主食で、ヘビみたいに長い舌を器用にチロチロ動かしてアリを食べるのだという。焼き畑の後は地面の虫が出てきてそれを食べてるんだろうが、このアリスイは焼けたススキの茎に舌を挿し込んでる。あんな所に何がいるんだ???と思ったのだが、何かいるんだろう(笑)。

c0356188_23235870.jpg
今まで見てきた鳥たちとは明らかに違う。他の小鳥たちの可愛らしさや華やかさとは無縁。猛禽類のようなカッコイイところもない。何が特徴かといえば、「変わってる」ところだろう。良く言えば「個性的」ってことになるのだが…この色合いと模様を見ていたら、ヘビというより雷魚に似てると思った。もっとも雷魚は英語で「スネークヘッド」だから、結局ヘビに似てるってことに帰結するんだろう(笑)。

※コメントは承認制です。公序良俗に反する書き込みは管理者権限で躊躇なく削除します。
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-24 00:15 | アリスイ

お馴染みさん

c0356188_01412649.jpg
…てぇことで、行く先々でちょくちょく目にするようになったベニマシコちゃんでした(笑)。
関東だからたくさんいるってことなのかな…それとも、たまたま今年はベニマシコの当たり年なのか。元来そんなに数が少ないということも聞かないし、いる所に行けばたくさんいる鳥だ。でも撮れない時はまったくと言っていいほど撮れないし、、、惜しむらくはあんまり赤が鮮やかな個体に出会ってないことで、昨年2月に新潟で見たベニマシコの鮮やかな赤が今も脳裏に焼き付いている。

近縁のオオマシコの方が体全体に綺麗な赤を纏っていて、さらに滅多に見れないとあって人気がある。珍しい鳥を有難がるのは鳥屋の人情だが、遠い存在はどんなに追いかけても限がない。身近な場所にいて、いつでも見れるってのは実は重大なポイントで、それは近所の女子高生とテレビの中のアイドル歌手の違いみたいなもんだろう(下世話な表現だなぁ…)。珍しい鳥を追いかけて、それで疲弊してしまっては何のための趣味なんだか分からなくなってしまう。野鳥趣味は特にそうだ。
c0356188_01412537.jpg
鳥屋始めたばかりの頃は、ベニマシコって憧れの鳥だったのだが…まさか都会のど真ん中の都市公園で見れるとは。
なんだかすっかりと身近になったなぁ。ま、それはそれで良いんだけどね。エナガとベニマシコは何回撮っても飽きないから。

※コメントは承認制です。公序良俗に反する書き込みは管理者権限で躊躇なく削除します。
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村










[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-18 02:19 | ベニマシコ

c0356188_00265314.jpg

スズメ目アトリ科ウソ属 ウソ Pyrrhula pyrrhula Linnaeus

鳥の名前から俗物的発想でタイトルを決めたら、何とこの鳥の名前はそっちの「ウソ」ではなくて、口笛を意味する古語「うそ」から来ているんだという(汗)。口笛というからには当然この鳥の鳴き声が口笛のように聞こえるから。中条きよしの歌を鼻歌で歌いながら撮影していたのだが、とんでもない勘違いだ(笑)。ちなみに初めて聞いたウソの鳴き声は、物悲し気な何ともいえない音色だった。

c0356188_00265480.jpg

オオマシコが入ると評判の某森は、今年は一向にその情報がない。電話で問い合わせてみても管理人さんの声もイマイチだ。たぶん同じような問い合わせがたくさんあってウンザリしているんだと思うが、それでも他の鳥がボチボチ入っているらしくCMもボチボチ集まってきてるようだ。本来の予定がポシャッたので今日はノンビリするつもりだったのだが、オオマシコはなくてもウソとルリビが来ているというので行ってみることにした。天気は上々。空気はひんやりしているが、風もなく陽射しが温かい。

天気予報では新潟は今頃吹雪いているはずだ。山道に入ったら前方を長岡ナンバーのワゴンが走ってる。関東と新潟では冬の天候は正反対で、あっちが吹雪いているときは、こっちはカラカラに晴れている。当然いる鳥も微妙に違う。駐車場で降りたら、ワゴンの中から出てきたのは若いカップルで、二人ともカメラを持っている。鳥見はどちらかというと「年寄りの趣味」だが、若い世代にももっと自然を楽しむ世界に来てほしいと思う。金余り世代はその経済力にモノを言わせて高額な双眼鏡やカメラ・レンズを振り回して若い世代を圧倒しているが、そんなもんなくても鳥見はできる。双眼鏡なんか1万円ので十分だし、カメラは5~6万で最高望遠600~1000ミリを誇る高倍率ズームコンデジが買える。取っ掛かりだけなら10万もかからない。

ルリビを撮っていたら、同じ場所にいたCMは電話がかかってきて「ウソがいる」と連絡が入ったらしく、カメラを持ってどっかへ行ってしまった。一人でルリビを追いかけていたら、さっきの長岡ナンバーのカップルが後ろからおずおずとやってきた。

「あの人の後ろに付いていけばウソが観れるよ」と教えたあげたら、「ルリビタキが観たいんですよ」という。なるほど。
見ていて微笑ましい。若いってイイねぇ。
「あの水場にミヤマホオジロいるよ。そんなに待たなくても直ぐ来ると思う」と声をかけたら、「昨年は全然ダメだったんですよ」という。

正直、ミヤマホオジロってこの季節には普通にいる鳥だと思ってた。たまたま俺が出かける先でチョイチョイ見かけただけで、それなりの鳥なんだろう。この趣味をやっていると「縁のある鳥、縁のない鳥」という一種不思議な体験をする。俺の場合はミヤマホオジロ、ベニマシコ、ミソサザイなんかが「縁のある鳥」で、逆にオオタカとかキクイタダキなど、どんなに見たいと思ってもなかなか出会うことがない。どれもそれほど珍鳥というほどでもなく、特にオオタカなんか(猛禽類としては)何処にでもいる普通の留鳥だが、なかなか縁がない。

c0356188_00265483.jpg

ルリビの撮影に一段落付けて、ウソを撮影に森へ入った。
先行のCMがすでにいる。だいたいの様子を聞いて、こっちも撮影に入る。

なんでこの鳥「ウソ」なんだろう。可哀想な名前だな…と思っていたんだけど、帰宅後調べてみたらとんでもない誤解だった。申し訳ございません、ウソ様(笑)。

+++++

※本日からコメント承認制とします。また、公序良俗に反する書き込みは管理人権限で削除します。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-12 00:24 | ウソ

c0356188_02255881.jpg
最近、これの亜種シマエナガが大人気らしい。ネットで取り上げてるブログやサイトをたくさん見かけるし、写真集まで出ている。北海道に棲むシマエナガ。残念ながら俺は未だ見たことがない(北海道に行かない限り見ることはないだろう)。

それに隠れて本種エナガは肩身が狭い。なんでだろう…と改めて考えるまでもない、シマエナガは頭が真っ白で可愛い目がポツンと付いてて、「雪の妖精」と異名をとるほどの可愛らしさ。それに対してエナガは太い眉状の模様があって、これが熱血スポ根マンガの主人公みたいに見える。
c0356188_02255739.jpg

この眉状の模様が損してる原因か…と思ったりもするのだが、これは生物種としてのエナガが進化の途上で獲得した形態だから、この眉毛にも何らかの意味があるはずだ。シマエナガが真っ白なのは、長く厳しい冬がある雪深い北海道で暮らすのに、あの色が都合がいいんだろう。

+++++

いろんな鳥を観ると「好きな鳥、嫌いな鳥」というのが出てくる。エナガは好きな鳥の一つ。それほど珍しいわけでもないし、どちらかといえば地味な鳥だが、この可愛らしさと身近な存在なのが安心感みたいなものをくれるんだと思う。渡りの珍しい鳥は撮影できれば確かに嬉しいけど、その場限りで終わってしまう。ライフリストの数を増やすことに血道を挙げるなら良いかもしれないが、俺の場合それだけではこんなヤクザな趣味は続けられない。

c0356188_02255720.jpg
葦に停まっていたエナガ。俺の方をチラチラ見つつ「チリリリ、ジュリリリ」と鳴いていたと思ったら、いきなりパァっと飛び立った。慌ててシャッターを押したら見事被写体ブレになってしまった(笑)。北風に乗ってエナガの群は葦原の中に消えて行った。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村










[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-03 03:02 | エナガ

ネタくれ~。。。

c0356188_00292918.jpg
ミヤマホオジロ
D500+タムロンSP150-600G2

撮影失敗するのは野鳥撮影では有りがちなことだし構わないんだが…ブログの更新が滞るのが何より痛い。一応毎月10回の更新を目標にしているんだけど、達成できている月は疎らで、低空飛行がここ一年続いてる。野鳥ネタを扱いながら低空飛行とは何とも皮肉やのぉ。。。

c0356188_00293045.jpg

これではまるでネタの切れた漫画家だ。。。

c0356188_00293040.jpg

こうなったら開き直るしかないな。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村








[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-02 01:11 | ミヤマホオジロ

青い鳥・真打現る

c0356188_20090974.jpg
ルリビタキは何度か見たことがあったが、若鳥やメスばかりで、鮮やかな青が出た成熟したオスを初めて見た。これは前橋市内の某公園で出会った親切な地元の野鳥カメラマンに教えてもらったのだが、こうして親切な人がいる一方で、何とも言いようがないこともあった。これは愚痴になってしまうので書くのは止めておくが、他所から来た新参者には厳しい事情があるということを、改めて体感することになった。

鮮やかな青のルリビを見るのは念願だったけど、何か達成感イマイチ…贅沢言うなって?
でも、今日の撮影で腹が決まった。俺のマイフィールドはあそことあそこだ。ちょっと遠いけど(笑)。

c0356188_20091057.jpg
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村











[PR]
by a7m3-sam | 2017-01-14 20:32 | ルリビタキ

あ!オジロ(違い)だ‼

c0356188_00440995.jpg
「オジロはいつもあの木に止るんですよ」
あんな遠いところに??オジロビタキ見えなくなるやんか…と思ってたら、某バーダーさんの言ってるのはオジロワシのことだった。とんでもない勘違いだ(笑)。

スズメ目ヒタキ科キビタキ属 オジロビタキ Ficedula parva

毎年冬、日本に少数が飛来するというオジロビタキ。本来の生息地は大陸の方で、日本列島に来るのは稀なことだといわれる。

c0356188_00435815.jpg
ヒタキの仲間の中でもどちらかというと地味系の鳥だ。ただその希少性から「あそこにいる」という情報が伝わると注目を集めるのか、ネットのあちこちで写真のアップや目撃談が散見されるようになる。この写真の個体はメスで、一見コサメビタキそっくり。黙って写真だけ見せられたらオジロビタキだと認識できる人は少ないだろう。オスは喉元がオレンジ色に染まるので、簡単に区別ができるらしい。でも日本に来るのはメスか若鳥で、オスの成鳥は滅多に来ない。

c0356188_00440998.jpg
と、いうことで、2017年初更新となりました。
大した更新もできないかと思いますが、今年もよろしくお願いいたします。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村










[PR]
by a7m3-sam | 2017-01-03 01:43 | オジロビタキ

c0356188_00040771.jpg
D500+タムロン150-600G2 f8, 1/2000sec, ISO400

赤城降ろしがビュービュー吹き荒んでいた。関東特有の冷たい空っ風の吹く冬。正直、この冬は苦手だ。おかげで12月に入ってから体調も崩し気味。午後からの猛禽撮影まで暇だったから、午前中に小鳥を撮影しようと思って、周辺をぐるっと一周。ジョウビタキ、モズ、シメ、アトリ、ホオジロ…と、まぁこの季節の「いつものメンバー」的な鳥たちが目に付く。ジョウビタキなんかあっちこっちでウンザリするほどたくさんいる(笑)。

スズメ目アトリ科ベニマシコ属 ベニマシコ Uragus sibiricus

ベニマシコとは「紅猿子」と書くそうだが、猿みたいな赤い顔をしてるから「猿子」だという。同じような名前の鳥は何種類かいるが、ベニマシコはその中でも一番普通に見れる。この鳥の名前を初めて聞いたのは2年前、印旛沼でこの鳥を目を血走らせて追いかけていたオッサンから聞いたのだが、その時の印象ではいい歳したオッサンが必死になって追いかけるくらいだから、さぞ珍しい鳥なんだろう…と思ったのだが、実際調べてみると野鳥の会のウェブサイトでの目撃報告や写真数も多いし、特に貴重ということもないらしい。

ただこの赤い色は他の種類の鳥ではなかなか見かけない色で、この色だけでも一見の価値はある。しかも警戒心が異常ともいえるほど強く、なかなか人前に姿を現さない…ってこともあるんだろう。撮影するのは簡単ではない。その点ジョウビタキなんか警戒心もへったくれもなくて、数メートルまで近づいても平気な顔してたりするのだが、これも性格なんだろうか。

いるはずなんだけどなぁ…いないなぁ…

と思って撮影地をブラブラしてたら、一羽の小鳥が前方の木の枝に停まった。…あ!
ベニマシコだ。色はちょっとくすんでるけど、まぎれもないベニマシコ。前回撮影した時は一眼レフじゃなくてミラーレスだったから、画質イマイチ。未だ飛ぶなよ~、大人しくしてろよ~…カメラを構えて一連写。よっしゃ!撮ったで~…と思ってファインダーから目を離したら、もうその姿はなかった。

今回は光も良くて、2月に撮った写真とは大違い。よし、これで宿題が一つ片付いた(笑)。


↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村










[PR]
by a7m3-sam | 2016-12-25 00:54 | ベニマシコ