タグ:猛禽類 ( 31 ) タグの人気記事

ハリアー・2017

c0356188_02020586.jpg
タカ目タカ科チュウヒ属 チュウヒ Circus spilonotus
D500+AF-S Nikkor 500/4 ED VR+TC-14III, f7.1, 1/1250sec, +1EV

何の変哲もない、ただのチュウヒ。巷ではハイチュウ(飲み屋のそれとは違う)の方が有難がられるようだが、俺の場合はどうやらハイチュウとは縁がないらしい(笑)。

c0356188_02020627.jpg

IUCN(国際自然保護連合)版レッドリスト:LC(軽度懸念)
環境省レッドリスト:絶滅危惧IB類(絶滅の恐れのある種)
こんなデータを見ると結構な希少種だ。国際団体で「軽度懸念」ということは、将来的に絶滅の恐れに晒される可能性はあるが、現状ではまだ大丈夫…ということだろう。一方、日本国環境省で絶滅危惧(それなりの危険な状態)とされているのは、本種の棲息地として重要な葦原を育む湿地帯が減っているからだろう。なんで減っているかというと、それは人間による環境開発以外の何物でもない。

c0356188_02020539.jpg

冬になると普通に見かけるので、この猛禽がそんな危ない状態…と意識することはあまりない。ワシ類みたいに大きくて迫力があるわけじゃないし、ハヤブサのような華麗な飛翔をするわけじゃないし、猛禽としてはどちらかといえば地味な存在だ。葦原の上空を餌を探しながらゆっくりと巡行し、時折ホバリングして、餌を見つけると葦原の中に降りて狩りをして…の繰り返し。やっぱ地味だわ。。。(笑)。

c0356188_02020585.jpg
今期、この撮影地では葦原の中に重機が入って土地を造成していた。聞くところによると湿地帯の土手を整備しているんじゃないかということだったが、俺の見たところそんな簡単な話ではない。たぶん公園として整備してるんだと思うが、これでまた彼らの生息範囲が狭まることになる。たぶん大義名分としては「自然と人間の共生」とか何とか尤もらしい美辞麗句を並べてるんだと思うが、ラムサール条約が聞いて呆れる(笑)。世の中どこか変なのは間違いない。しかし、それもこれも運命というものだろう。

今は当たり前に見かける存在が、5年後10年後にもそこにいる…という保証は、何処にもない。








[PR]
by a7m3-sam | 2017-04-03 03:28 | チュウヒ

前座野郎の意地

c0356188_20040904.jpg

オジロワシ、オオワシ、コミミズク…野鳥カメラマンに人気の猛禽を撮りに行くと、だいたい前座で登場するのがこれ。
あ~あ、またかい。。。前座は飽くまで前座でしかない。本命が登場するまでの『繋ぎ』が前座の役目だが、こうも何度も登場されるとさすがに飽きる(笑)。
今や伝説と化したビートルズが来日した時、その前座を務めたのがザ・ドリフターズだった…というのは有名な話だが、そのドリフも既に昔話の域になってるんだろうか。
c0356188_20041079.jpg

この日もF潟に行って、肝心要の本命が現れずにミサゴが飛んできた。。。またかい。。。と思ったら、

c0356188_20041035.jpg

空中でホバリングしたと思ったら、いきなりダイブ。ミサゴの狩りの瞬間だった。

c0356188_20041036.jpg

見事大物をゲット…のはずなのだが、よく見るとこれはヘラブナの屍(笑)。

c0356188_20041121.jpg


c0356188_20041156.jpg

屍でもミサゴにとっては貴重な食糧なんだろう。大物を掴んでミサゴは遠くへ飛び去った。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村











[PR]
by a7m3-sam | 2017-03-20 21:03 | ミサゴ

俺によこせ!

c0356188_01574832.jpg
Nikon D500+AF-S Nikkor 500/4 ED VR (撮影データ:秘密(笑))

オオワシが獲物を持ってカモメから必死に逃げている。
オオワシとカモメでは格が違いすぎるような気もするのだが、まぁこれが自然界の現実というものなんだろう。どっちも魚を餌にするのは同じ。オオワシというともっと大きな動物(ウサギとか)を獲ってるようなイメージがあるのだが、そうそう毎日ご馳走に有り付けるわけでもないだろう。

c0356188_01574840.jpg

空気抵抗が大きな低空を羽ばたいて飛ぶのは、身軽なカモメの方が早い。どんどん間合いを詰めていく。

c0356188_01574823.jpg
獲物を掴んでいては、ミサゴとのドッグファイトの時みたいに爪は立てられない。必死に逃げるオオワシ。

c0356188_01574782.jpg
ついに追いつく。この後、2羽は山の方へ飛び去った。
それにしてもカモメのしつこいこと。まるで誰かさんだ(笑)。

+++++
逆光で肝心のオオワシの方がほとんど黒潰れしてるが、レタッチで何とかそれなりに見れるくらいにはなった。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-03-14 02:38 | オオワシ

c0356188_22224504.jpg
せっかく、、、またとない近距離で撮影できたと思ったのに。。。逆光で黒潰れしてやんの。。。
c0356188_22224551.jpg
撮影ポジションの大切さを物語るような写真だけど、そうそういい場所が取れるわけじゃないし。太陽の位置は刻々と変わるし。

c0356188_22224477.jpg
3月になれば、彼女は北へ帰ってしまう。
もうかなりのオバアチャンだから、来シーズン来てくれるとも限らないし…

今週末も行く。
こうなったら、やらぬ後悔より精いっぱいやって後悔した方がいい。

※コメントは承認制です。公序良俗に反する書き込みは管理者権限で躊躇なく削除します。
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村











[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-21 22:34 | オオワシ

c0356188_00261591.jpg
タカ目タカ科オジロワシ属 オジロワシ Haliaeetus albicilla
Nikon D500+AF-S ニッコール 500/4G ED VR f7.1, 1/2500sec, ISO400

先月大失敗したオジロワシ遠征での生き残りの一枚。 この後こいつは夕方まで杉の木の上でピクリとも動かず。日が暮れる直前まで粘ったのだが、結局徒労に終わった。
で、鳥の話はこれで終わり。本題に入る。

+++++


ニコンの業績が落ち込んでいるのは知っていたが、鳴り物入りで発表したDLシリーズが中止とは…実装するASICに欠陥が見つかって、延期になったとは聞いていた。俺はその頃ニコン1(1インチセンサーのレンズ交換式カメラ)を使っていたから複雑な気持ちで事態を見守っていたのだが、ニコンの高級コンパクトカメラ路線はこれで大きな修正を強いられることになる。

景気が悪いのはニコンに限った話じゃなくて、キヤノンもソニーもデジカメの売り上げは落ち込んでいる。現在の業界のビッグ3といえば、伝統の一眼レフ路線のキヤノンとニコン、新進気鋭のミラーレス路線のソニーの3社。このうち一番企業として規模が大きいのはソニー。次いでキヤノン、ニコンと続く。問題はカメラ事業の占める割合だが、これは企業の大きさと逆になって、ニコン、キヤノン、ソニーの順になる。つまりデジカメの売り上げが落ち込んで一番痛手を負うのはニコンということになる。

ここでカメラ業界の話をしても仕方ないか(笑)。
このニュースで某デジカメ掲示板が大騒ぎになってるようだが、これで1インチデジカメで先行するソニーとキヤノンに完全に置いて行かれたろう。今更1インチデジカメなんか市場に溢れかえっていて珍しくもないのだが、それでもユーザーは「ニコンのカメラ」を使いたがっているのだ。

赤字転落、リストラ…なんてニュースもチラホラっと流れてるようだけど、ここが正念場だろうなぁ。
ニコンさん、厳しいだろうけど頑張ってください。ファンとして応援してます。

※コメントは承認制です。公序良俗に反する書き込みは、管理人権限で削除します。
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-14 02:14 | オジロワシ

遠く遠く…2

c0356188_21172991.jpg
D500+AF-Sニッコール 500/4 ED VR (f5.6,1/4000sec,ISO400)

前回のタイトルは、麻薬取得容疑で逮捕された某有名歌手のデビュー曲だった(苦笑)。先ほどタイトル変更しました。

+++++

オオワシの3回目。今回は前回より(ほんの気持ち)近くで撮れたので、ギチギチにトリミングしていない。

昔(銀塩時代)からトリミングという手法は普通に使われていたのだが、当時はアマチュアが自分でトリミングするのは(現像作業が伴うため)、あまり一般的ではなかった。さらにトリミングは「卑怯」という印象があって、余程の特別な事情でもない限りは使わなかった。野鳥撮影ではどうだったか知らないが当時は趣味でやる人も少なく、どちらかといえば生態調査とか学術的な目的が強かっただろうから、必要に応じて使われていたのかもしれない。ちなみに現在はストロボを焚くことも(野鳥に悪影響を与えるからという理由で)タブーとされているが、当時は普通に行われていたと聞く。それは銀塩フィルムではデジカメみたいにISO感度に余裕がなかったから(せいぜいISO400~800、1600や3200は特殊用途)、どうしてもストロボが必要だったんだろう。さらに言えば、海外では今でも普通に野鳥撮影にストロボを使っている。
c0356188_21172953.jpg
別に法律でストロボの使用を禁止しているわけじゃないから、「卑怯」もへったくれもない…と言ってしまえばそれまでだ。トリミングはデジタルになってからPCで簡単にできるから、今更トリミングに躊躇する人は珍しい。それもこれも最後はその人の気持ち一つに掛かってくる…というわけだ。別にここでストロボやトリミングの可否を判断するつもりはなくて、それぞれの事情で勝手にやればいいことだと思う。
c0356188_21172890.jpg
それにしても、、、観察している人間の側がゴチャゴチャっと小難しいことを考えてドロドロやってるのを尻目に、大空を堂々と飛ぶ鳥たちはシンプルなものだ。

絶滅が危惧される鳥たちと、(誰のこととは言わないが)屁理屈に拘って醜態晒す一部の人間と、どっちが可哀想なんだろうか…と考えてしまった(笑)。

※コメントは承認制です。公序良俗に反する書き込みは、管理人権限で削除します。
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-12 22:30 | オオワシ


c0356188_00020047.jpg

相変わらず遠い遠い…と思っていたら、、、
なんと、上空からミサゴが襲いかかってきた。オオワシは迎撃態勢に入る。

c0356188_00020099.jpg

猛禽類の最強の武器、カギ爪をかざす。上空から襲いかかるミサゴが戦術的には有利だが、如何せんこの体格差はどうしようもない。
オオワシはまったく臆することなくミサゴを返り討ちにする。

c0356188_00020089.jpg

写真にするとタイムスケールが分からないが、これはほんの一瞬の出来事。

c0356188_00020035.jpg

猛禽類同士のプライドを賭けた決闘は、この後3ラウンドまで続く。凄い迫力。そしてカッコイイ。


↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村








[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-07 00:40 | オオワシ

遠く遠く…1

c0356188_00093419.jpg

タカ目タカ科オジロワシ属 オオワシ Haliaeetus pelagicus
D500+AF-S ニッコール 500/4G ED VR f6.3, 1/4000sec, ISO400

それにしても。。。遠い遠い。。。今日の写真はかな~り無理してます。

c0356188_00093425.jpg
おそらく、過去観た野鳥の中では、その強さナンバー1.
食物連鎖の頂点に君臨する猛禽の中でも、特に強い部類に入ると思う。先日撮影に失敗してきたオジロワシも、オオワシ相手には逃げ出すという。
翼開長2メートル超。世界に数千羽しか生息しない希少種…と、話題には事欠かない鳥だ(笑)。

c0356188_00093496.jpg
撮影距離が200メートルを優に超えていたと思うので、写真の解像力がイマイチ良くない。この距離になるとゴーヨンでは完全に短い。テレコンを入れたかったのだが、今持ってるテレコンは信頼性に欠けるので入れなかった。後はただひたすら近づいてきてくれることを祈るしかないが、こればかりは時の運だからどうしようもない。
だけどこのオオワシ、日中何度も飛んでくれて、ミサゴとのドッグファイトを披露してくれて、狩りの場面も見せてくれて…と、たっぷりサービスしてくれた。写真は俺のポジション取りや光の加減で変わってくるし、今日は初めて現地入りだったから、ロケハンだと思えばこれで十分…どころか、大満足だ。

このオオワシは、毎年同じ個体が同じ場所に飛来してきているのだという。年齢からして既にかなりの御婆さんで、今年は来てくれるのか…と毎年のように野鳥カメラマンやバーダーさんたちはヤキモキ(笑)、今年も元気な姿を見せてくれたようだ。現地は俺のアパートから少し遠いのだが、このオオワシを今年は追っかけてみたいと思う。

あのミサゴとのドッグファイトを見る限り、年齢なんか心配する必要はまったく無いような気がするんだけど…とにかくパワフル。凄い奴だ。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-05 00:42 | オオワシ

c0356188_22594290.jpg
タカ目ミサゴ科ミサゴ属 ミサゴ Pandion haliaetus

早くも当ブログ3回目の登場となるミサゴ。しかも狩りの場面でも何でもなく、ただ飛んでる写真である。猛禽狙いで撮影に行くと、肝心要の本命は現れず、ミサゴかノスリが登場するのがパターン化しつつある。ミサゴもそれなりの鳥なのだが、さすがここまでなると同じ「ピンチヒッター」でも格が下がってくる気がする(笑)。
c0356188_22594186.jpg


c0356188_22594170.jpg
前回のコミミズクではミサゴが前座として登場、その次の撮影でカラスのモビングというサプライズ付きでコミミズクを撮影できたから、もしかしたら俺にとっての「幸運の鳥」かもしれない…と、好意的に解釈しておこう(笑)。


↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-01-31 23:16 | ミサゴ

夕日に染まり

c0356188_01473893.jpg
この面はどう見ても悪役だよな。

アブドーラ・ザ・ブッチャーか、ブルーザー・ブロディか、スタン・ハンセンか…いや、小型軽量だからジミー・スヌーカとか…?ダイナマイト・キッドってこたあないだろう(笑)。

c0356188_01473768.jpg
フクロウ類は生態系の頂点に立つ生き物で、早い話が「強い」わけだが、生態的に強いってことは実は環境の変化には驚くほど脆弱だってことだ。コミミズクの場合は餌はネズミ類など小動物だ。コミミズク一羽が生きていくのに、毎日ネズミを何匹食べなければならない…みたいな話になって、要はそれだけのネズミがいなければコミミズクも生きていけないってわけだ。

冬は小動物類にとっても厳しい環境で、カエルやトカゲは冬眠してしまうし、ネズミにしても温かい時期ほど活発に動き回るわけではない。その中で昼間の草原ではノスリ・チュウヒ・ハヤブサなどの猛禽類がネズミを狙い、夕方~夜にかけてコミミを初めとするフクロウ類がネズミを狙い、要はそれだけたくさんのネズミがいなければ猛禽たちも生きていけないということになる。
c0356188_01473825.jpg
ネズミなんかいくらでもいるだろう…と思うかもしれないが、それは人間の近くにいる衛生害獣としてのイエネズミ(ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミ)の話であって、コミミズクやチュウヒが狩りをする草原にいるネズミは所謂「野ネズミ」と言われるアカネズミやハタネズミだ。ネズミだから繁殖力が強くて生息数も多いはずだが、これらのネズミが繁殖するのは年に2~3回くらいで、イエネズミみたいに一年中繁殖してるわけではない。俗に「ネズミ算」というと無限にドンドン増えていくイメージだが、それはイエネズミのことで野ネズミは決してそれに当てはまるわけではないってことだ。野生動物だから人間が生息地を開発したりしたら直ぐに姿を消してしまう。つまりコミミズクにしてもノスリ・チュウヒにしても、たくさんの野ネズミを養うだけの豊かな自然があって、その上でやっと生きていってることになる。

c0356188_01473784.jpg
こうして冬の猛禽を見れるのは、まだ日本に豊かな自然が残っている証拠だ。コミミ君、日本は良い所だよ~(笑)。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村











[PR]
by a7m3-sam | 2017-01-21 02:37 | コミミズク