ハリアー・2017

c0356188_02020586.jpg
タカ目タカ科チュウヒ属 チュウヒ Circus spilonotus
D500+AF-S Nikkor 500/4 ED VR+TC-14III, f7.1, 1/1250sec, +1EV

何の変哲もない、ただのチュウヒ。巷ではハイチュウ(飲み屋のそれとは違う)の方が有難がられるようだが、俺の場合はどうやらハイチュウとは縁がないらしい(笑)。

c0356188_02020627.jpg

IUCN(国際自然保護連合)版レッドリスト:LC(軽度懸念)
環境省レッドリスト:絶滅危惧IB類(絶滅の恐れのある種)
こんなデータを見ると結構な希少種だ。国際団体で「軽度懸念」ということは、将来的に絶滅の恐れに晒される可能性はあるが、現状ではまだ大丈夫…ということだろう。一方、日本国環境省で絶滅危惧(それなりの危険な状態)とされているのは、本種の棲息地として重要な葦原を育む湿地帯が減っているからだろう。なんで減っているかというと、それは人間による環境開発以外の何物でもない。

c0356188_02020539.jpg

冬になると普通に見かけるので、この猛禽がそんな危ない状態…と意識することはあまりない。ワシ類みたいに大きくて迫力があるわけじゃないし、ハヤブサのような華麗な飛翔をするわけじゃないし、猛禽としてはどちらかといえば地味な存在だ。葦原の上空を餌を探しながらゆっくりと巡行し、時折ホバリングして、餌を見つけると葦原の中に降りて狩りをして…の繰り返し。やっぱ地味だわ。。。(笑)。

c0356188_02020585.jpg
今期、この撮影地では葦原の中に重機が入って土地を造成していた。聞くところによると湿地帯の土手を整備しているんじゃないかということだったが、俺の見たところそんな簡単な話ではない。たぶん公園として整備してるんだと思うが、これでまた彼らの生息範囲が狭まることになる。たぶん大義名分としては「自然と人間の共生」とか何とか尤もらしい美辞麗句を並べてるんだと思うが、ラムサール条約が聞いて呆れる(笑)。世の中どこか変なのは間違いない。しかし、それもこれも運命というものだろう。

今は当たり前に見かける存在が、5年後10年後にもそこにいる…という保証は、何処にもない。








[PR]
by a7m3-sam | 2017-04-03 03:28 | チュウヒ

c0356188_02162297.jpg
某探鳥地に出かけた。
空き地に車を止めて、機材を担いで、いざ出陣…というとき、何者かの目線を感じた。

ネズミ目リス科リス亜科ムササビ属 ホオジロムササビ Petaurista leucogenys

洞からジッとこっちを見つめている。これではまるで覗き魔だ(笑)。実は近くの木に巣箱がかけてあって、そこをネグラにしてるムササビが、車の音を聞いて警戒心から外を観察しているのだと思う。記念写真だけ撮ってサヨナラした。

+++++

「覗き魔」というのは、バードウォッチャーに対する古くからある蔑称だ。要は双眼鏡や望遠鏡を持ってその辺をウロウロしている様子が、如何にも変態野郎や犯罪者風に見えるから…ということらしいが、完全な言いがかりだ(笑)。鳥は山や海・川など自然環境下だけではなくて、住宅地や農耕地、都市公園なんかにもいるから、当然その手の鳥を観ようとバードウォッチャーが考えるのも無理はないが、そんなところを双眼鏡なんか持ってウロウロしてたら変な疑いを持つ人も出てくるだろう。

同じく、望遠レンズを担いで野鳥を追っかけるカメラマンを揶揄する言葉として「盗撮魔」がある。カメラマンの蔑称はたくさんあるが、如何にもそれっぽい望遠レンズを抱えて歩き回るカメラマンは、遠目から他人の秘密を撮影しているように見える…ということ。これも完全な言いがかりに過ぎないが、世の中にはいろんな人がいるから、バーダーでも野鳥CMでも、そんな穿った見方をされることもある。

今どきの言い方をすれば、こんな何の根拠もない蔑称で呼ばれることはヘイトスピーチの一種ということになる。ヘイトスピーチのことは昨今マスコミでも頻繁に取り上げられているが、ニュースになるのは在日朝鮮人を糾弾する国粋主義の右翼団体であったり、日韓慰安婦問題で日本を攻撃する韓国政府に抗議する団体や個人であったりすることが多い。俺は個人的には大韓民国は潜在敵国だと思っているし、在日半島人は日本から出て行けと考えているが、今回はそれはどうでもいい。というか、主題ではない。

+++++

記事タイトルの「エコテロリスト」というのは、自然環境問題を持ち出して過激な活動をする個人や団体のことをいう。日本におけるエコテロリストといえば、クジラやイルカ漁を批判して実力行使にまで訴えるグリーンピースとか有名だけど、意外や庶民生活の身近な処にも連中は潜んでいたりする。ガチの民進党支持者や自称平和活動家なんかがそれにあたると思うが、連中は別に自然環境問題でなくても、先に挙げた韓国の慰安婦問題であるとか、沖縄の基地問題であるとか、その辺のダムの建設抗議であるとか、要は騒ぐネタがあるなら何でも良いのであって、特別に自然環境を愛しているわけでもないし、数十年、数百年先の未来の地球を心配しているわけでも何でもない。要は現体制を攻撃できるネタがあるなら何でも良いわけで、そこにはイデオロギーも正義も良心も何もない。ただ連中の「騒ぎたい」「闘いたい」という欲望だけである。

連中は自分たちは絶対正義の位置にいるから、目的達成のためなら何をやっても許されると思ってる。とんでもない勘違いだが、本当にそう思っている。「○●を殺せ!」とか、「✖✖独裁政治を許すな!」とか、最近なら沖縄の基地問題での連中の蛮行とか、もう何でも有りだ。言葉を選ぶこともなく耳を覆いたくなるような罵倒雑言が鳴り響く。個人名でも個人情報でも平気で挙げる。そのデモ活動に参加しているのは在日朝鮮人や、その支持者(共産党・民進党関係者)だと言われているが、俺が実際にそれを見たわけではないから真相は不明だが、当たらじとも遠からじというところだろう。また表立った活動をしていない、潜在的な左翼も多数存在するだろう。

だが連中の言動や活動は、マスコミで批判的に取り上げられることも少なく、それどころかさも社会正義風に取り上げられることすら少なくない。一方で日本の立場を主張する人たちが彼らを批判すると「ヘイトスピーチ」と大騒ぎされる。なんか公平性に欠けていると思うのだが、どうだろう。

別に俺のブログで社会問題を取り上げても何も変化はないのだが(笑)、己を絶対正義と思い込んでヘンな活動をする人は何処にでもいるもので、結局は無視するしかないのだけど(と同時に、可哀想な連中だとも思う)、「野鳥」というのは微妙な世界だな。。。と感じている。

世知辛いねぇ(笑)。





[PR]
by a7m3-sam | 2017-04-02 03:39 | ムササビ

前座野郎の意地

c0356188_20040904.jpg

オジロワシ、オオワシ、コミミズク…野鳥カメラマンに人気の猛禽を撮りに行くと、だいたい前座で登場するのがこれ。
あ~あ、またかい。。。前座は飽くまで前座でしかない。本命が登場するまでの『繋ぎ』が前座の役目だが、こうも何度も登場されるとさすがに飽きる(笑)。
今や伝説と化したビートルズが来日した時、その前座を務めたのがザ・ドリフターズだった…というのは有名な話だが、そのドリフも既に昔話の域になってるんだろうか。
c0356188_20041079.jpg

この日もF潟に行って、肝心要の本命が現れずにミサゴが飛んできた。。。またかい。。。と思ったら、

c0356188_20041035.jpg

空中でホバリングしたと思ったら、いきなりダイブ。ミサゴの狩りの瞬間だった。

c0356188_20041036.jpg

見事大物をゲット…のはずなのだが、よく見るとこれはヘラブナの屍(笑)。

c0356188_20041121.jpg


c0356188_20041156.jpg

屍でもミサゴにとっては貴重な食糧なんだろう。大物を掴んでミサゴは遠くへ飛び去った。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村











[PR]
by a7m3-sam | 2017-03-20 21:03 | ミサゴ

俺によこせ!

c0356188_01574832.jpg
Nikon D500+AF-S Nikkor 500/4 ED VR (撮影データ:秘密(笑))

オオワシが獲物を持ってカモメから必死に逃げている。
オオワシとカモメでは格が違いすぎるような気もするのだが、まぁこれが自然界の現実というものなんだろう。どっちも魚を餌にするのは同じ。オオワシというともっと大きな動物(ウサギとか)を獲ってるようなイメージがあるのだが、そうそう毎日ご馳走に有り付けるわけでもないだろう。

c0356188_01574840.jpg

空気抵抗が大きな低空を羽ばたいて飛ぶのは、身軽なカモメの方が早い。どんどん間合いを詰めていく。

c0356188_01574823.jpg
獲物を掴んでいては、ミサゴとのドッグファイトの時みたいに爪は立てられない。必死に逃げるオオワシ。

c0356188_01574782.jpg
ついに追いつく。この後、2羽は山の方へ飛び去った。
それにしてもカモメのしつこいこと。まるで誰かさんだ(笑)。

+++++
逆光で肝心のオオワシの方がほとんど黒潰れしてるが、レタッチで何とかそれなりに見れるくらいにはなった。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-03-14 02:38 | オオワシ

c0356188_01473677.jpg
Nikon D500+SP150-600 5-6.3 VC G2 (600mm) f6.3, 1/320sec. ISO400

当ブログでは「今さら」とでも言いたくなるようなベニマシコ。
実際本当にこの冬は「ベニマシコに始まり、ベニマシコに終わった」という気がする。
c0356188_01473445.jpg
ここのベニマシコは冬の間にすっかり人馴れしてしまったのか、3メートルまで近づいても平気な顔をしている。それともこの冬最後の撮影チャンスってことで、大サービスしてくれたのか。
c0356188_01473495.jpg
それにしても近い。。。こんなに大きく撮れるとは。
c0356188_01473579.jpg
寒さ厳しい冬の新潟では、あまり見かける機会のないベニマシコ。しかし冬でも比較的温かい関東ではあちこちで見かける機会がある。やっぱり温かい方が…と思っていたのだが、実はこの写真は軽井沢で撮ったものだ。軽井沢は標高が高いから、冬は普通に氷点下10℃とかになる。いったいどうなっとんねん。
c0356188_01473561.jpg
昨年末に見た時よりも、紅の濁りがなくなって、より色の純度が高く、濃くなっている。繁殖期には燃えるような鮮やかに紅色になるという。もし日本国内で繁殖期のベニマシコを見ようとしたら、青森以北に行かなければならない。一度でいいから見てみたい…という願望はあるが、そのためだけに北の果てまで出かけるか?

特別珍しい鳥でもないし、むしろ冬の小鳥としては身近な鳥とも言える。近縁種には派手さでもレア度でも人気でも上回るオオマシコがいるが、そんないつ見れるとも知れない幻みたいな鳥を追いかけるよりも、身近な鳥に癒されるのもいいだろう。ベニマシコを見ると、いつもそう思ってしまう。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村










[PR]
by a7m3-sam | 2017-03-10 02:32 | ベニマシコ

焼け野原の変な奴

c0356188_23235942.jpg
キツツキ目キツツキ科アリスイ属 アリスイ Jynx torquilla

「○●に、アリスイがいますよ」通りすがりに話をしたバーダーさんが教えてくれた。
アリスイ。図鑑では見たことあったけど…あの爬虫類みたいな鳥?

予定していたスポットを一回りして、まだ日没までは余裕があったからアリスイがいるという場所へ行ってみた。現地は貴重な山野草の自生地で、毎年焼き畑が行われる…いた。羽毛の質感、首をクネクネと動かすしぐさ。ホントに爬虫類だ。

c0356188_23235974.jpg
要するに「不気味」なのだ。今風の言葉でいえば「キショイ」とかいうのかもしれないが、とにかく佇まいが独特だ。これがキツツキの仲間とは…エサは名前の通りアリが主食で、ヘビみたいに長い舌を器用にチロチロ動かしてアリを食べるのだという。焼き畑の後は地面の虫が出てきてそれを食べてるんだろうが、このアリスイは焼けたススキの茎に舌を挿し込んでる。あんな所に何がいるんだ???と思ったのだが、何かいるんだろう(笑)。

c0356188_23235870.jpg
今まで見てきた鳥たちとは明らかに違う。他の小鳥たちの可愛らしさや華やかさとは無縁。猛禽類のようなカッコイイところもない。何が特徴かといえば、「変わってる」ところだろう。良く言えば「個性的」ってことになるのだが…この色合いと模様を見ていたら、ヘビというより雷魚に似てると思った。もっとも雷魚は英語で「スネークヘッド」だから、結局ヘビに似てるってことに帰結するんだろう(笑)。

※コメントは承認制です。公序良俗に反する書き込みは管理者権限で躊躇なく削除します。
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-24 00:15 | アリスイ

c0356188_22224504.jpg
せっかく、、、またとない近距離で撮影できたと思ったのに。。。逆光で黒潰れしてやんの。。。
c0356188_22224551.jpg
撮影ポジションの大切さを物語るような写真だけど、そうそういい場所が取れるわけじゃないし。太陽の位置は刻々と変わるし。

c0356188_22224477.jpg
3月になれば、彼女は北へ帰ってしまう。
もうかなりのオバアチャンだから、来シーズン来てくれるとも限らないし…

今週末も行く。
こうなったら、やらぬ後悔より精いっぱいやって後悔した方がいい。

※コメントは承認制です。公序良俗に反する書き込みは管理者権限で躊躇なく削除します。
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村











[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-21 22:34 | オオワシ

お馴染みさん

c0356188_01412649.jpg
…てぇことで、行く先々でちょくちょく目にするようになったベニマシコちゃんでした(笑)。
関東だからたくさんいるってことなのかな…それとも、たまたま今年はベニマシコの当たり年なのか。元来そんなに数が少ないということも聞かないし、いる所に行けばたくさんいる鳥だ。でも撮れない時はまったくと言っていいほど撮れないし、、、惜しむらくはあんまり赤が鮮やかな個体に出会ってないことで、昨年2月に新潟で見たベニマシコの鮮やかな赤が今も脳裏に焼き付いている。

近縁のオオマシコの方が体全体に綺麗な赤を纏っていて、さらに滅多に見れないとあって人気がある。珍しい鳥を有難がるのは鳥屋の人情だが、遠い存在はどんなに追いかけても限がない。身近な場所にいて、いつでも見れるってのは実は重大なポイントで、それは近所の女子高生とテレビの中のアイドル歌手の違いみたいなもんだろう(下世話な表現だなぁ…)。珍しい鳥を追いかけて、それで疲弊してしまっては何のための趣味なんだか分からなくなってしまう。野鳥趣味は特にそうだ。
c0356188_01412537.jpg
鳥屋始めたばかりの頃は、ベニマシコって憧れの鳥だったのだが…まさか都会のど真ん中の都市公園で見れるとは。
なんだかすっかりと身近になったなぁ。ま、それはそれで良いんだけどね。エナガとベニマシコは何回撮っても飽きないから。

※コメントは承認制です。公序良俗に反する書き込みは管理者権限で躊躇なく削除します。
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村










[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-18 02:19 | ベニマシコ

c0356188_01275807.jpg
スズメ目ツグミ科トラツグミ属 トラツグミ Zoothera dauma
D500+SP150-600/5-6.3G2 f6.3, 1/1000sec. ISO800

某都市公園のトラツグミ。和名はご覧の通り体表面の模様から来ている。別名「鵺(ぬえ)」。横溝正史の小説(映画にもなった)「悪霊島」のキャッチフレーズの「鵺のなく夜は恐ろしい」の鵺である。一般に鵺(ぬえ)とは、サルの顔、タヌキの胴体、トラの手足を持ち、尾はヘビの物の怪(妖怪)の名称と捉えられがちだが、実際文献に掛かれているのは「鵺(トラツグミ)のような鳴き声を発する、サルの顔、タヌキの胴体、トラの手足を持ち、尾はヘビの物の怪」と書かれているのであって、この物の怪の名前が鵺というわけではない。もの悲し気な鳴き声が宵の口に聞こえてきたら、誰だって気味悪いと思うだろう。俺は個人的には鵺の声はアオサギの鳴き声だと思ってたのだが、トラツグミのことだった。

c0356188_01275857.jpg
で、↑ が木をバックにした写真なのだが、見事に溶け込んでいる。。。写真撮るときは被写体に集中しているから見えるんだけど、これが何も知らずに通りかかっただけだとすると、まずこの鳥に気が付くことはないだろう。保護色っていうのは敵に自分の存在を察知されないためのものだが、要はこの鳥はそれだけ臆病な性格だってことなんだろう。

伝承での鵺は天皇陛下を原因不明の病にしたり、退治された後世に祟りを起こしたり、散々な内容で怪物化されている。本物の鵺~トラツグミはこんな平和な鳥なのに(笑)。

↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-16 02:14 | トラツグミ

c0356188_00261591.jpg
タカ目タカ科オジロワシ属 オジロワシ Haliaeetus albicilla
Nikon D500+AF-S ニッコール 500/4G ED VR f7.1, 1/2500sec, ISO400

先月大失敗したオジロワシ遠征での生き残りの一枚。 この後こいつは夕方まで杉の木の上でピクリとも動かず。日が暮れる直前まで粘ったのだが、結局徒労に終わった。
で、鳥の話はこれで終わり。本題に入る。

+++++


ニコンの業績が落ち込んでいるのは知っていたが、鳴り物入りで発表したDLシリーズが中止とは…実装するASICに欠陥が見つかって、延期になったとは聞いていた。俺はその頃ニコン1(1インチセンサーのレンズ交換式カメラ)を使っていたから複雑な気持ちで事態を見守っていたのだが、ニコンの高級コンパクトカメラ路線はこれで大きな修正を強いられることになる。

景気が悪いのはニコンに限った話じゃなくて、キヤノンもソニーもデジカメの売り上げは落ち込んでいる。現在の業界のビッグ3といえば、伝統の一眼レフ路線のキヤノンとニコン、新進気鋭のミラーレス路線のソニーの3社。このうち一番企業として規模が大きいのはソニー。次いでキヤノン、ニコンと続く。問題はカメラ事業の占める割合だが、これは企業の大きさと逆になって、ニコン、キヤノン、ソニーの順になる。つまりデジカメの売り上げが落ち込んで一番痛手を負うのはニコンということになる。

ここでカメラ業界の話をしても仕方ないか(笑)。
このニュースで某デジカメ掲示板が大騒ぎになってるようだが、これで1インチデジカメで先行するソニーとキヤノンに完全に置いて行かれたろう。今更1インチデジカメなんか市場に溢れかえっていて珍しくもないのだが、それでもユーザーは「ニコンのカメラ」を使いたがっているのだ。

赤字転落、リストラ…なんてニュースもチラホラっと流れてるようだけど、ここが正念場だろうなぁ。
ニコンさん、厳しいだろうけど頑張ってください。ファンとして応援してます。

※コメントは承認制です。公序良俗に反する書き込みは、管理人権限で削除します。
↓↓↓気に入ったら、ポチっとな(笑)
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









[PR]
by a7m3-sam | 2017-02-14 02:14 | オジロワシ